冷え性や肩こりに効くビタミンE

スポンサードリンク

冷え性や肩こりに効くビタミンE

現代、冷え性や肩コリで悩まれている方は多いと思いますが、治療や予防を行っている方は少ないのではないでしょうか?

 

「腕が上がらないほどの肩が痛い。頭痛もする。」
「手足が冷えてなかなか眠れない」

 

そんな風に思いながらも、治療のために病院やマッサージなどには行っていないという方もいらっしゃるでしょう。

 

 

特に冷え性は女性に多く、男性と違って熱を作り出す筋肉が少ないためにどなたでも起こりえる病気だといわれています。

 

こういった症状の原因は、身体の血流が悪いために起こります。

 

身体の血液ががスムーズに全身にいきわたらないと、身体は冷えていき、特に身体の末端である手足は冷たくなって、冷え性になってしまいます。

 

また、同じ姿勢を長時間していると血液が上手くまわらず、滞ってしまうため、筋肉がかたまって、肩こりを引き起こしてしまいます。

 

その他にも、生活習慣の乱れや、アルコールの過剰摂取によっても血行は悪くなってしまいます。

 

そこで身体の血流をよくするためにどのようなものが必要なのでしょうか?

 

それが、「ビタミンE」という栄養素です。

 

 

ビタミンEを摂取することで血管を拡張し、血行を良くする力があるので、栄養素や酸素が身体のすみずみまでいきわたります。

 

ビタミンEによって血流が良くなり、肩こりを防ぎ、筋肉の疲れをとるだけでなく、冷えにも効果があります。

 

それは西洋医学でも、認められています。

 

ビタミンEを摂取することによって末端血管まで血流を良くするので、医学的にも欠かせない栄養素なのです。

 

豆や麦に含まれている栄養素なので、そういったものよく食べる国では冷え性の人が少ないともいわれています。

 

ぜひ、ビタミンEを上手に摂取し、身体の健康維持を大切にしましょう。

スポンサードリンク

サプリメント健康テクニック