血液をサラサラにし、血行を良くするビタミンE

スポンサードリンク

血液をサラサラにし、血行を良くするビタミンE

ビタミンEには様々な効果や効能がありますが、血液をサラサラにする力も持っていることはご存知ですか?

 

若返りビタミンといわれていますが、一方では「血管の掃除人」といわれているほど、血液の流れをよくするためには欠かせない栄養素です。

 

赤血球の変形を維持する

ビタミンEは赤血球が毛細血管をスムーズに通り抜けられるように、赤血球膜の表面の部分を柔らかくし、赤血球が変形を維持する力をもっています。この変形維持によって血行の流れはよくなります。

 

血小板凝集、血管収縮の抑制を行う

ビタミンEは血小板の凝集を行うだけでなく、血管の収縮の原因である物質を減らすことにより、血液の粘度を下げていきます。血液の粘度が下がると血はサラサラになり、血液の流れを良くしてくれます。

 

LDLコレステロールの酸化を防ぐ

LDLは酸化されてしまうと、白血球の一種とともに、血管の壁に溜り、血管内腔を狭めてしまうので、血液の流れがスムーズにいきません。しかし、ビタミンEは抗酸化作用があるため、LDLの酸化を防止するので、血液の流れが悪くならないように血管の機能を健やかに維持してくれます。

 

 

このように、ビタミンEによって新しい血液がすみからすみまで全身にいきわたるので、多くの細胞が元気になり、新陳代謝が活性化されていきます。

 

新陳代謝が活発になることにより、肩こりや冷え性に効果があります。

 

また、その他にも、お肌の新陳代謝も活発になるため、お肌のハリや潤いを保つ力を維持し、シワやそばかすに効果があるといわれています。

 

特に肌の悩みを抱えているのは女性が多いですが、ビタミンEはそういった悩みを解決してくれる栄養素でもあるのです。

スポンサードリンク

サプリメント健康テクニック