ビタミンEが持つ抗酸化作用とは?

スポンサードリンク

ビタミンEが持つ抗酸化作用とは?

ビタミンEは人間にとって大切な働きがあるのをご存知でしょうか?

 

それを「抗酸化作用」といいます。

 

この作用は、身体の酸化を防ぐことを指します。

 

人々の身体は常にエネルギーを作り出すために、活性酸素というものを発生させていますが、この活性酸素は過剰に発生すると、身体を酸化させ、病気の原因になったり、老化現象などを招いてしまいます。

 

人間にはもともと、この酸化を防ぐために、抗酸化作用の力が備わっているのですが、年齢とともにその力はどんどん減少していきます。

 

しかし、一方で大気汚染や紫外線、喫煙、ストレスなどによって活性酸素は過剰に発生していく機会は増え、身体の酸化をさらに招いてしまいます。

 

そこで役立つのが「ビタミンE」です。

 

もともと抗酸化作用をもっている栄養素なので、摂取することにより、活性酸素から身体を守り、身体の酸化を防いでくれるのです。

 

身体の酸化は老化現象を引き起こす原因となるので、老化防止にも役立ちます。

 

また、その他にもβカロチン、ビタミンC、E、ポリフェノールには抗酸化作用があります。

 

その中でもビタミンCはビタミンEと同時に摂取することによって、その力はさらに強くなります。

 

そして、ビタミンCは、お肌に効果のあるビタミンであり、コラーゲンを育成を助け、肌のシミやシワなどを防ぐ力をもっているので一緒に摂取することにより、肌を若返らせてくれます。

 

抗酸化作用は身体にとって大切なものです。

 

その作用をもっているビタミンEを上手に摂取することによって、身体の健康を維持していきましょう。

スポンサードリンク

サプリメント健康テクニック