ビタミンE 放射線障害

スポンサードリンク

放射線障害に効果的なビタミンE

放射線障害にはビタミンEが効果的というニュースが話題になっています。

 

1993年には、インドのネール大学生命科学部の研究チームがビタミンEは放射線を防ぐ働きがあると研究発表を行いました。

 

現在の日本は、風や雨が運んでくる放射性物質による体外被曝と、食品や飲料水から取り込まれる体内被曝に注意を払わなければ安心して生きていくことができない時代に突入しました。身近な栄養素であるビタミンEを効果的に摂取して、放射線障害から身体を守りましょう。

 

ビタミンEには強い抗酸化作用があり細胞の老化を予防する働きがあります。
そして、皮膚に塗ると、抗酸化作用のおかげで紫外線によるダメージを防ぎ、皮膚を保護する働きがあることがわかっています。

 

紫外線は、目に見えない電磁波の一種です。放射線も、放射性物質から放出される電磁波や粒子線の一種です。電磁波から身を守るという健康の基本をビタミンEは実現してくれるのですね。

 

ビタミンEは過剰摂取すると体内に蓄積される性質があるので、適量を毎日摂る習慣を持つことが大切です。植物性油にも多く含まれているので、油を使った料理を食べることもビタミンEの補給になります。ただし古い油は過酸化脂質が多くなって逆に体内の細胞を傷つけるので、新しい油を使うことが大切です。

 

乳幼児は大人とは比較にならないほど放射性物質が体内に蓄積され、放射線障害を起こしやすいやすいので特に注意が必要です。ビタミンEは、ウナギのかば焼きやモロヘイヤ、アーモンドやナッツ類などに多く含まれています。積極的に食べて放射線障害を予防しましょう。

スポンサードリンク

サプリメント健康テクニック