ビタミンEの種類

スポンサードリンク

ビタミンEの種類

ビタミンEはトコフェロールとトコトリエノールの2種類があり、さらにはα(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、δ(デルタ)という4種類に分かれています。

 

また、サプリメントなどに使われるものはその製造方法や抽出の違いによって、天然型、天然、合成に分かれています。

 

ビタミンEの構造や効能が変わってくるので、購入する場合などは表記を確認しましょう。(天然型と天然の表記は同じ)

 

そして、どのような作用があるのかを知ることも大切です。ここで、その種類の違いについて、ご説明しましょう。

 

合成(dl-α-トコフェロール)

合成ビタミンは大量生産が可能で人為的に合成されたビタミンです。食品添加物などにも使用されており、添加された食品の安定を目的としています。合成のものは化学的には天然ビタミンと効果や作用はあまり変わらないという意見もありますが、摂取した場合、体内の吸収率は天然型や天然のものよりも、吸収率が低いといわれています。

 

天然型(d-α-トコフェロール)

植物油から抽出を直接行い、酢酸をつけて安定させたものが天然型ビタミンEと呼んでいます。サプリメントや美容クリーム、マッサージオイルなど多くの業界で使用されています。身体の代謝を高め医薬品としても活用しています。

 

天然(d-α-トコフェロール)

天然のものは、天然型と違い、酢酸をつけずに安定化させたもので製剤技術の工夫が必要になります。合成や天然型よりもさらに効能が高く、身体の基礎代謝を天然型よりも高めてくれ、天然ビタミンEといわれています。

スポンサードリンク

サプリメント健康テクニック