ビタミンEが欠乏すると?

スポンサードリンク

ビタミンEが欠乏すると?

現代では様々な研究により、ビタミンEが欠乏することによって、支障をきたすことがわかってきました。

 

動物実験の中では神経系の異常や、赤血球寿命の短縮、貧血、異常造血、様々な筋肉の疾患など、多くの病変を起こすことが報告されています。

 

人間にとっては、どのようなことが起こるのでしょうか?

 

 

ビタミンEには抗酸化作用があるため、不足すると体内の酸化を防げずに、健康レベルは下がる可能性はあります。

 

しかし、日本人が普通に食生活を送る中で、不足することはあまりありません。

 

しかし、脂肪吸収障害や遺伝性疾患、未熟児のケースでビタミンEの欠乏症の症状見られる報告があり、そのために溶血性貧血や神経症状に異常がでる場合があります。

 

溶血性貧血は、赤血球が壊れることによっておこります。

 

赤血球は酸素を運搬するもので、不飽和脂肪酸という膜に覆われています。

 

しかし、ビタミンEが欠乏し、活性酸素が酸化すると赤血球に影響があり、溶血性貧血を起こす可能性がありますので注意が必要です。

 

目まいなどがある場合が、気をつけましょう。

 

また、欠乏するとお肌にも影響を与えることがあります。

 

ビタミンEは肌のしわやシミに効果のある「若返りビタミン」として知られていますが、その一方で不足することによって、お肌にシミができやすくなるという報告があります。

 

シミはできてからでは治すには時間がかかります。できる前に呼ぼうとして、ビタミンEをとることを心がけましょう。

スポンサードリンク

サプリメント健康テクニック