ビタミンEを多く含む食材

スポンサードリンク

ビタミンEを多く含む食材

ビタミンEは、毎日の食生活から摂取することが大切です。

 

そのためにも、どのような食材に含まれているのか知ることが必要になっていきます。

 

ここで、ビタミンEはどのようなものに多く含まれているのかを知り、
活用しましょう。

 

 

魚の食材

 

ウナギのかば焼き、シシャモ、アコウダイ、ニシン、わかさぎ、いか、ブリ、キンキ、トビウオ、サンマ、カツオ、甘エビ、サバ

 

野菜の食材

 

かぼちゃ、ほうれん草、大根の葉、グリーンアスパラ、さつまいも、春菊、ブロッコリー、にら、アボガド

 

その他

 

大豆やアーモンドなどのナッツ類、キューイなどにも含まれています。

 

 

魚は鮮度が落ちると、脂肪の酸化が進んでしまうので新鮮なものを摂るようにしましょう。

 

サンマやうなぎのように高脂肪のものもあれば、いかやカツオ、甘エビといった比較的に脂肪が少ないものでもビタミンEは豊富に含まれています。

 

これらをバランスよく摂取することを心がけましょう。

 

また、魚は、高温の場所にずっと置いておくと、酸化がますます進行してしまうので夏場などは注意が必要です。

 

そして、加工食品は加工の際に、ビタミンEが失われている可能性があります。

 

できるだけ市販のお惣菜や加工食品に頼るのはやめて、手作りの食生活を心掛けていきましょう。

 

また、料理する際に気をつけること脂肪や塩分を摂りすぎない、あっさりした味付けにすることを意識しましょう。

 

そうすることで成人病の予防にもつながります。

 

食材を購入の際に、ビタミンEが含まれているものを意識することにより、身体の健康維持に役立ててください。

スポンサードリンク

サプリメント健康テクニック